スキンケア

【ニキビ改善】しつこいニキビが改善した死ぬほどシンプルな方法

 

 

どうも、たまです。



今回は、わたしが数えきれない顔中のニキビに
絶望してたときの話をしようかなと思います。



ニキビに悩まされるわたしの人生は
高校生1年生の頃にスタートしました。



最初は、右頬全体にボツボツと赤いニキビができて
この頃はまだ数えきれるくらいの範囲でした。



思春期なので気にはなったけど
美意識が高いわけでもなかったので
別にすぐ治るだろうと思っていたのです。。。



ですが、日に日にニキビは増える一方でした。



流石にやばいと思って、
食事を見直してみたり
ニキビに効くという高い化粧水を買ったり
ニキビ治療で有名な皮膚科に行ってみたり
婦人科に行ってピルを貰ったりしました。



どれも一瞬効果はあったような気もしたけど
新しいニキビはいつまで経っても増え続けました。



この頃にはもう、季節関係なく
マスクを付けないと外には出られなくなりました。
(マスクがニキビがよくないって分かってても
あまりに酷すぎて付けない選択肢はなかった)


外を一日中歩いてみても、
自分より肌荒れしてる人は見つけられないくらい
酷かったです。



今でこそ自分の肌のことを
こうやって話せるけど、
正直ニキビのせいでトラウマが
めちゃくちゃ増えました。



ちょっと思い出すだけでも、

・自然光
・鏡
・化粧品売り場とかの明るい白いライト全般
(オレンジライトとか居酒屋の照明は救世主)
・エレベーターの中
・肌の話題全般
(自分のことじゃなくても言われてる気分だった)
・近距離で人と話す



とかいろいろあります。


いろいろと言っても
主に明るい場所とかモノとかですね。



鏡を見てあまりのニキビの多さに
発狂して2回くらい鏡を叩き割ったこともあるし、



肌がマシになったいまでも
エレベーターの中では誰かがいる方に
顔を向けられないし、



友達が「ニキビ出来ちゃった〜!」と言って
小さなのが一つだけポツンと出来ているのを見て
人は人、自分は自分だと分かってはいても
喧嘩売ってる?と思ったりもしました。




顔にも体型にも服にも
人の好みってあるけど、
肌は誰だって綺麗な方が好きだってことに
本当に絶望してました。




「男女関係なく清潔感は大事!」
「清潔感は肌から!」
っていろんなとこで見るし聞くけど



いろいろやってもどうにもならないんだよ!
って当時は発狂してました。



で、本題はどうやって治したの?
ってことなんですけど、




いろいろやってもどれも大して
効果があったようには思えなくて



あるとき、もう全部めんどくさくなって
諦めたんです。



「もうわたしは一生この肌のままなんだ
じゃあもう何もしなくていいや、全部めんどくさい」




と思って1週間くらい本気で引きこもりました。




本当にあり得ないと思うのですが、
一日中お布団にくるまって携帯をいじり続け、
あまりにも顔がベタベタして気持ちわるいなって
思ったときだけぬるま湯で洗い流すくらいで、
お風呂にも最低限しか入りませんでした。



化粧水も美容液も乳液何も塗らず放置。




そしたら、1週間後に
「あれ、なんかニキビ減ってる、、?」
と気づきました。




もちろん潰しまくった跡は酷いし、
全部がなくなったわけでもないし
綺麗な肌とは言えないけど確実に減ってたんです。





何かしたっけ?って思ったけど
せいぜいこのときにしたことは

・十分すぎるくらい睡眠を取った
・保湿全般しなかった
・化粧を一切しなかった
・もう諦めてたからストレスも通り越してた(気がする)



だったんです。



そこから少しづつ治していって
今ではマスクをしなくても外に出られるくらいには
回復することが出来ました。



ニキビが大量発生してから
そうなるまでに7年かかりました。



ニキビでつらいのって、
何が原因なのかよく分からなくて、
いろいろしてるのに良くなるどころか
むしろ悪化していって、
良くなる兆しが見えないことだと思うんです。




原因も肌質も人によって違うし
皮膚科のお医者さんでもないので
一概にこれがいいとは言えないんですが、


もしいま肌荒れが酷くて悩んでるなら、
本当に難しいとは思うんですが
「極力何もしない」
ということを気をつけてみて欲しいです。


(何もしないというのは
スキンケアを過剰にしない、という意味です)




肌荒れをしてる状態って
病気と一緒だと思っていて



いくら栄養があって
身体にいい食べ物でも、
風邪を引いているときに
ガッツリしたご飯とか食べれられないと思うんです。



それよりもお粥とかうどんとか
身体に負担のかからないものを食べて
自分自身の回復力で治していくように、




肌荒れしてるときに
いくら良い成分の入った化粧水を使っても
逆効果なんだと思います。
(もちろん特定の商品で治ったという人もいるとは思いますが)


出来るだけ化粧水とかに頼らず、
肌自身の力で回復していくのをおすすめします。




それでも会社とか学校あるし
化粧しなきゃ絶対行けない!とか
何もしなくてもっと酷くなったらどうするの?
って思うのはわかります。



なので、まずは休日だけ何もしないとか
いろいろ塗るんじゃなくて化粧水だけにしてみるとか
スキンケアは化粧する前だけにするとか
出来そうなことからやってみてください。



肌が少し回復する兆しが見えたら
続けたくなると思うので、



いろいろ試したけど
もう何したらいいのか分からない。。
という人のためになったら嬉しいです。




一応、わたしがニキビだらけで
最悪の肌の状態だったときにやっていたことや
気をつけていたことを箇条書きにしてまとめておきます。



*「ニキビを減らす・出来にくくする」ということに焦点を当てています。

 

・スキンケア(化粧水、美容液、乳液など)は化粧の前だけ
・休みの日はぬるま湯で顔を洗うだけ
・化粧(下地)はしても、日焼け止め下地とすっぴんパウダーのみ
・夜は固形石鹸で洗顔することもあるけどスキンケアはしない
(あまりにも乾燥したら化粧水とクリームを薄くだけ塗る)
・化粧はミルククレンジングで丁寧に落とす
(出来るだけ肌に優しいものを選ぶ)
・シャンプーとリンスは最低でもそれぞれ3分以上はかけて洗い流す
(その時のシャワーが顔には流れないようにする)
・毎日枕カバーを変える / タオルを敷く
・顔に触るとき(化粧前は特に)は必ず手を洗うか、除菌シートで手を拭く
・毎日除菌シートで携帯を拭く
・あまりにも炎症してるところは大きめの絆創膏を貼る
・極力肌を手で触らない(手と携帯は雑菌だらけだから)
・ビタミンとタンパク質は毎日必要摂取量取る



などです。



当たり前なことしか書いてないですが
これらを本当に徹底的に気をつけていました。
(もちろん今でも)




大人の肌荒れって、
一つのことが原因というよりも
いろんな原因が重なっていると思うので
思いつく限りあげてみました。




いきなり全部やれっていうのも
大変なことかもしれないけど
習慣になれば大したことではないと思うので
参考にしてみて下さい。





あと、わたしは皮膚科に行って
あまり効果がなかったので省きましたが、
肌荒れって肌の病気だと思ってるので
行ったことない人は
まず皮膚科に行くことをおすすめします。



あと、もし最初の皮膚科で効果がなくても
3回くらいは違う皮膚科に通うのもいいと思います。



3つ目の皮膚科でようやく
肌荒れが改善したという話も聞いたことがあるし
処方された薬も皮膚科によって違うと思うので
1ヶ月くらいのスパンで
自分に合った皮膚科を探すのもいいかなと。




「皮膚科での処方箋+自宅で気をつけられること」
の両方ともが大切だと思うので少しずつ治していきましょう。






それでは
最後まで読んでくれてありがとうございました!







 

【ビフォーアフター】ぽっちゃりが–13kgのダイエットに成功して垢抜けました前のページ

【初心者向け】メイク偏差値40くらいの人のためのメイク講座次のページ

ピックアップ記事

  1. 【レビュー!肌のビフォーアフターあり】Kiel’s(キールズ)で繰り…

関連記事

  1. スキンケア

    日焼け止めが何より大切なことを実感した話

    こんにちは、たまです。今日は、どれだけ日焼け止めが大切かをとて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. スキンケア

    【短期間で垢抜け!ビフォーアフター】1週間で可愛くなる具体的な方法を徹底解説
  2. ダイエット

    【ビフォーアフター】ぽっちゃりが–13kgのダイエットに成功して垢抜けました
  3. アンチエイジング

    【アンチエイジング】筋トレのやりすぎには注意!運動しすぎは老ける?
  4. スキンケア

    日焼け止めが何より大切なことを実感した話
  5. メイク

    【初心者向け】BBクリームとCCクリームと下地の違いって何?
PAGE TOP